お料理教室「cooking class kotaki」

円山にあるお料理教室「cooking class kotaki」さんでは、ナナクラ昆布を使用したお料理メニューを出していただいています。

今月は「ユリ根のすり流し」

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

トッピングにナナクラ昆布を添えてます。

そのほか、2017年はナナクラ昆布をたくさん使用していただけるそうです^^

4月にはコラボ開催の日高昆布講座も開催する予定です。

詳細は後日・・・

料理教室についての詳しい情報はこちらから
http://chibijam.com/cookingclasskotaki.html

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

特別な日にもう一品

以前にも紹介したことある鳥ハムの昆布締め。

なかなか好評なのでもう一度掲載します^^

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

少し豪華に見えるこの一品、ちょっとしたパーティーにいかがでしょうか??

まず鳥ハムを1枚に対してギフトセットのだしこんぶを2枚用意します。

鳥ハムにフォークでざくざく穴をあけ、お好みの調味料を刷り込みます。
(私はいつも手抜きなクレイジーソルトです^^;)

それをジップロックに入れ、だしこんぶを上と下に入れて鳥ハムを挟みます。

さらに料理酒を全体的に濡れるくらい少し入れて一晩おきます。

置いたものをジップロックから取り出し、まずはこんぶを剥がして鳥ハムだけを
ラップの上で棒状になんとなく形作ります。

そこに2枚先ほどのこんぶを乗せて、一緒にラップで巻いて両端をぎゅうぎゅうにきつく巻きます。

鍋にお湯を沸かし、沸騰してから火を止めます。

そっと巻いた鳥ハムを入れて再度沸騰させ、すぐに火を止めます。

それからふたをして2時間。絶対ふたを開けないでくださいね!

2時間後、取り出して出来上がり・・・ではなく冷蔵庫でしっかり冷やして出来がりです^^

ラップを外し、1センチくらいの幅で切り分け、間にレモンを挟むと風味がさわやかに。

手間そうに見えて、やってみると意外とかんたん!

昆布がこんなおしゃれに~?!とみなさん驚いてくれます。

ぜひお試しあれ!

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

だしをとったあとの昆布の使い方

よく、「出汁をとったあとはどうしたらいいですか?」

そう聞かれることが多いです。

できれば、捨てずに食べてくれたほうがいいに決まっています。

が、たまにはこんな贅沢な使い方はいかがでしょうか??

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

だしをとったあとの根こんぶを器代わりにしてみました。

根こんぶは最も良い出汁がとれて、味も濃い。

出汁を取ったあとも、十分まだ昆布の味がしっかりしています。

今回は、真鯛のお刺身を薄切りにして並べてみました。

時間を置けば、十分昆布締めの効果もありますよ。

おしゃれなひとはだしをとるナナクラ昆布です。

http://nanakura-kombu.com

 

札幌の小さな花などのお店PEKORO

前回のブログ(若い力が集結。ゲストハウス雪結yuyu)でちらっとご紹介したお店。

PEKOROさん。http://pekoro.com/

久しぶりに衝撃的な出会いをしました。

札幌市白石区にある、小さな花などのお店。。。とのこと。

自動代替テキストはありません。

白石郵便局で用事を足したとき、小さいブースが目に留まりました。
片付け始めていましたが、気になったのでお声がけを。

素敵なドライフラワーが展示してあり、ちょうど撮影用にほしいなぁと思っていたところでした。

ナナクラ昆布カラーに合うドライフラワーをチョイスし、領収書をいただこうと
名乗ったところ・・・

「明日、yuyuさんに打ち合わせに行きますよね??」

え?!なぜそれを・・・?あれ?どっかで会ったことあったっけ・・・いや初対面だし・・・

お互い驚いた顔で見つめ合いました。

PEKOROさん曰く

なんと、yuyuさんからPEKOROさんに私が打ち合わせに行くのに合わせて
ナナクラ昆布っぽい植物でディスプレイしてほしいと依頼されたとのことでした。

私とPEKOROさんは、それが今までお互いお会いしたこともなくお名前もまったく存じ上げない縁のない関係。

それがなんとこんなところで偶然によりつながってしまうとは!!

私が郵便局に行く日をその日にチョイスしなければ

PEKOROさんがその日にブースを出すと決めなければ

私があとちょっと郵便局に行くのが遅くなったら

PEKOROさんがあとちょっと片付けが早く済んでしまったら

出会えなかった。

偶然は必然だと私は思っています。

そして、こういう縁が起こるときはきまって運がいいのです。

私の中でひとつ案が浮かびました。

ふふふ・・・一緒に楽しいことやれたらいいな。

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

若い力が集結。ゲストハウス雪結yuyu

なんか楽しいことがたくさん待ち受けてそうな2017年。

そのひとつの出会いがここ、雪結yuyuさんです。
http://yuyu-gh.com/画像に含まれている可能性があるもの:室内

昨年8月にオープンしたゲストハウスで、スタッフほとんどが20代という若い力が集まってできたゲストハウスです。

スタッフの方と、2017年に向けて企画考え中です。ふふふ。

ディスプレイされたお花は、札幌白石区にあるPEKOROさん。
http://yuyu-gh.com/

昆布をイメージした植物で飾ってくれました。
こことの出会いはまた後日ご紹介。

縁がつながると、運が良い兆しです。

さぁやるぞー!

もらってうれしいおしゃれな昆布のナナクラ昆布です。
http://nanakura-kombu.com

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

ナナクラ昆布、今日から仕事始めでございます。

昨年はたくさんのご縁をいただき、私自身色々勉強させていただきました。。。

今年もどんなご縁が待っているのか、楽しみです。

立ち上げから3年目となる2017年。ナナクラ昆布はもっと飛躍するべく色々冒険しようと思っています。

かといって路頭に迷わないように・・・笑

今年も、ナナクラ昆布をどうぞよろしくお願いいたします。

http://nanakura-kombu.com

%e7%b8%ba%e8%96%99%ef%bd%93%e7%b8%ba%ef%bd%b5%e7%b9%a7%e3%83%bb_d4a0020

年末年始のご案内

年末年始のお知らせです。

img_1584
29日から4日までお休みをいただきます。年内の受付は26日までとさせていただき、それまでにいただいたご注文については28日まで発送やお届け可能です。

27日以降のお問い合わせにつきましては、翌年6日からの対応となりますのでお気をつけくださいませ。

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

アトリエSachiさん、ステキなギフトにしてくれました。

あいの里にある、器や雑貨小物を取り扱うお店、アトリエSachiさんでは

いつもナナクラ昆布とコラボしたギフトをお客様にご提案してくれます。

今回はお歳暮と引き出物のご注文とのこと。
アトリエSachiさんに置いてある和食器とナナクラ昆布でとても素敵なギフトに仕上げてくださいました。

%e8%b4%88%e3%82%8a%e7%89%a9%e2%85%a1

%e8%b4%88%e3%82%8a%e7%89%a9%e2%85%a2

アトリエSachiさんが取り扱う食器や雑貨はだいたいが和食器です。

それでも古臭くなく、極端に和に偏ることもなく、なんともいえない味わいを出す食器が取り揃えられています。

和食器とのコラボのギフトをご希望の方、ぜひ一度足を運んでくださいませ。

アトリエSachi(アトリエサチ)
札幌市北区あいの里2条3丁目16-7
web http://www13.plala.or.jp/atelier-sachi/index.html

 

子どもも大好物のベーコンチーズおにぎり!

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

子どもが大好きなベーコンチーズおにぎり。そこに極細こんぶが入るのがナナクラ昆布流です。

カリカリに焼いたベーコンと、細かく切ったチーズ、さらに極細こんぶをホカホカご飯と混ぜ混ぜ。
軽くブラックペッパーを加えるのがポイントです。

やばい冷蔵庫になにもない!って朝も、これだけで満足!

そして最近めっきり寒くなりましたね。。。そんな朝は根こんぶでしっかり出汁をとったトマトスープも一緒に。

根こんぶのグルタミン酸とトマトのグルタミン酸でうまみたっっっっぷりな元気の出るスープです。

長いもと昆布のたらこ和え

たらこと昆布ってなぜこんなに合うのでしょう。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
長芋とえのきをバターで炒め、極細昆布を入れてからすぐにみりんをひとまわしで甘みを加えます。
昆布がしなったら、火を止めてたらこを和えて出来上がり。

お酒が止まらない。

もらってうれしいおしゃれな昆布のナナクラ昆布です。
http://nanakura-kombu.com