GWの営業について

たくさんのお祝いのお言葉ありがとうございました。

いよいよゴールデンウィークですね。

おいしいお出汁を用意してます、みなさまお近くに来た際はぜひお立ち寄りくださいませ。

【GWの営業について】
28(土) 通常営業
29(日) 定休日
30(月) 定休日
1(火) 通常営業
2(水) 通常営業
3(木) 午後から営業
4(金) 通常営業
5(土) 通常営業
6(日) 定休日
7(月) 定休日

以降、従来通りの営業となります。

それではみなさまよいGWを!

おしゃれなひとはだしをとる
ナナクラ昆布
札幌市中央区南19条西14丁目
No.6サイトウビル1F
営業時間11:00〜17:00
TEL 050-5328-1394

今日は4月8日。

今日は平成30年4月8日。

ナナクラ昆布は3周年です。

あっとゆうまの3年。3年経って、やっと自らの事業スタイルが確立されぶれなくなってきました。

そのタイミングで、いよいよ目標だった実店舗をオープンさせます。

店舗を探す条件として私が大事にしていたのは

「縁とタイミングが合致した場所」

何事もこれを大切にして、直感通りに動くことが成功するポイントだと思っています。

今回オープンする店舗も、まさに、縁とタイミングが合致して、時を経て目の前に現れてくれた、そんな場所です。

私の次の目標は40歳。それを実現する第一歩を踏み出します。

店舗の詳細は、オープン直前にお知らせします!

どうぞよろしくおねがいします。

おしゃれなひとはだしをとる

ナナクラ昆布です。

年始の営業と2018年について

今年も残りわずかです。

あっという間の1年でした。

今年の営業は、本日をもって最終です。

年始のご注文やお問い合わせの受付は1月4日からとなっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

本年も、相変わらずたくさんの方に支えられ、助けられ、お世話になった1年でした。関わってくれたすべての方にお礼を申し上げます。

ありがとうございます。

さて、2018年はナナクラ昆布は飛躍の年です。

今まで実現していなかった、道外への催事や展示会の参加、そしてなにより4月までに実店舗のオープンを予定しています。

4月8日はナナクラ昆布設立日です。3周年にあたり、ステップアップのために思い切って店舗という目標を立てました。

店舗=正解なのかは神のみぞ知るですが、私は正解だと信じています。

店舗を持ったらあれもしてこれもして…夢が広がります笑

それはまた今度改めて・・・!

話は変わりますが、先日また曾祖父のすごい話を聞きました。
何度か登場しているスーパー経営者だった初代の曾祖父。
以前のブログで、「札幌の問屋さんに営業に行ったときに私の曾祖父の名前を聞いたことがあるという方がいた」と触れたことがありますが、今回のすご話はこちら。

木村七蔵商店(曾祖父の名前です)を立ち上げたのは今からおよそ65年前。

その時は三石界隈では昆布漁が盛んではありましたが、そのまま出荷して収入を得るというやり方がベターだったようです。

そんな中、三石界隈で「一番最初に」製品化ということをして卸や小売り業を始めたのが曾祖父とのこと。しかも、今よく見かける棒状の昆布ではなく、自ら設計して加工する機械を作り、特殊な折りが施された「花折り昆布」という名前の商品を開発したのでした。

それを、自分の足であちこちに営業して取引先を増やしていったとのこと。

65年も前に、付加価値をつけた商品開発をするってそれこそ価値のあることだったと思います。

これを聞いたのは、本当につい最近でしたが、私が最もこだわっていたのは「今までにない昆布商品を作る」ということと、そしてなにより「それを誰よりも一番最初にリリースする」ということでした。

なので、話を聞いたときはすごく衝撃的で、なにかを感じずにはいられませんでした。

曾祖父が時代を超えて私を動かしてくれたのだろうか・・・。

2018年は、いよいよナナクラ昆布が本当の意味で走り出すんじゃないか、そんな予感がしてならない今日この頃です。

みなさま良いお年を!

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

マカラボに掲載していただきました!

北海道リレーション株式会社さまが運営する若者のための情報発信サイト、マカラボに掲載していただきました!

おしゃれなひとはだしをとるー「ナナクラ昆布」代表 木村真依子さん

何度か、こうやって起業までをお話しさせていただくことありますが、振り返るたびに、初心に戻り、今の自分に足りないもの、忘れてしまっていることに気づきます。

日々精進。

 

おしゃれなひとはだしをとるナナクラ昆布です。
http://nanakura-kombu.com

心でおいしいと感じよう

最近、昆布講座に呼んでいただくことが増えてきたのもあり、私自身勉強も欠かせません。そんな中で思うことがあります。

心でおいしいと感じることの大切さ

出汁の魅力ってここにあるんだと思います。

出汁を使うと、よりおいしくて、塩や調味料がなくてもしっかりコクが出て、
本当に魔法のスープだと思います。

舌でおいしいと感じ、そして心でも味わうことができるのが昆布出汁のチカラですね。

昆布ってすごい!

自動代替テキストはありません。

おしゃれなひとはだしをとる
http://nanakura-kombu.com

cooking class kotakiさんで昆布教室してきました。

cooking class kotakiさん、以前もご紹介しましたがこちらで日高こんぶ教室を開催させていただきました。

kotaki先生のお料理教室は、現代の手抜きでいかにおいしく料理を作るかという主流の中、お料理は手間と時間がかかるものという前提の内容のレッスンです。

私は前回レッスンを受けてお料理の見方が変わりました!

そんなウソ偽りのない中での昆布講座、参加者の方も舌の肥えた方たちばかり。

とても緊張しました。。。

この日は日高昆布を使ったラザニア。

内容を少し紹介。

トマトソースと日高昆布。これは乾燥したまま入れて、この状態まで柔らかくしています。

器に盛って、さらにミートソースとチーズを乗せてオーブンへ。

昆布のコクがチーズとミートとよく合うんですね。

ミートソースも作り方にひと工夫あり。でもこれはきちんとお金を払って聞いてくださいね^^;

kotaki先生のレッスンはこちらから
http://chibijam.com/

おしゃれなひとはだしをとる
http://nanakura-kombu.com

働くってなに?

って、みなさま考えたことありますか?社会に出た人なら、一度は立ち止まりそれについて深く考えたことがあるはず。

先日、富川高校の2年生を対象に働くをテーマにお話しさせていただきました。

生徒さんたちは、用意したワークシートにもしっかり書き込んでくれたりとこちらがお礼を言いたいくらい真剣に耳を傾けてくれました。

私も高校生のころ、こうやって大人がなにかしらためになる話をしに来た思い出があります。

が、正直なにも覚えていない。。。当時も当然感化され影響されてそれに突き進んだ…なんて経験もない。それこそ、今その時間を過ごすだけで精いっぱいで将来のことなんて考える余裕がないというか、そういう頭の作りになっていなかったような…高校生ってそんな時期じゃないだろうか。そんな高校生だった私は自分を思い出し、高校生になにを伝えられるだろう?と悩みに悩んだ。

でも、私が高校生のあのときも、もしかしたらあの中で1人くらいは話にきちんと耳を傾けて感化された子がいたかもしれない。こういうことはその1人に伝わるように、伝わればいい、そういう気持ちで取り組むことが大切かなと思う。

とりあえず、自身の今までの仕事ぶりを思い返す。恥ずかしいことも思い返されて自己嫌悪にもなったり笑

おかげさまで、ありがたいことに私はたくさんの人に支えられて仕事とは、社会とは、を教えられてきたように思う。

教えられてきた中で、一番印象に残っているのは

「あたりまえのことをあたりまえにやる」ということ。

簡単なようで難しい。

そしてつい忘れがちになる。

また襟を正す良い機会となりました。

もし、ご希望の高校さまや大学さま、企業さまございましたらご一報くださいませ^^

ナナクラ昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

お料理教室「cooking class kotaki」

円山にあるお料理教室「cooking class kotaki」さんでは、ナナクラ昆布を使用したお料理メニューを出していただいています。

今月は「ユリ根のすり流し」

トッピングにナナクラ昆布を添えてます。

そのほか、2017年はナナクラ昆布をたくさん使用していただけるそうです^^

4月にはコラボ開催の日高昆布講座も開催する予定です。

詳細は後日・・・

料理教室についての詳しい情報はこちらから
http://chibijam.com/cookingclasskotaki.html

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

札幌の小さな花などのお店PEKORO

前回のブログ(若い力が集結。ゲストハウス雪結yuyu)でちらっとご紹介したお店。

PEKOROさん。http://pekoro.com/

久しぶりに衝撃的な出会いをしました。

札幌市白石区にある、小さな花などのお店。。。とのこと。

 

白石郵便局で用事を足したとき、小さいブースが目に留まりました。
片付け始めていましたが、気になったのでお声がけを。

素敵なドライフラワーが展示してあり、ちょうど撮影用にほしいなぁと思っていたところでした。

ナナクラ昆布カラーに合うドライフラワーをチョイスし、領収書をいただこうと
名乗ったところ・・・

「明日、yuyuさんに打ち合わせに行きますよね??」

え?!なぜそれを・・・?あれ?どっかで会ったことあったっけ・・・いや初対面だし・・・

お互い驚いた顔で見つめ合いました。

PEKOROさん曰く

なんと、yuyuさんからPEKOROさんに私が打ち合わせに行くのに合わせて
ナナクラ昆布っぽい植物でディスプレイしてほしいと依頼されたとのことでした。

私とPEKOROさんは、それが今までお互いお会いしたこともなくお名前もまったく存じ上げない縁のない関係。

それがなんとこんなところで偶然によりつながってしまうとは!!

私が郵便局に行く日をその日にチョイスしなければ

PEKOROさんがその日にブースを出すと決めなければ

私があとちょっと郵便局に行くのが遅くなったら

PEKOROさんがあとちょっと片付けが早く済んでしまったら

出会えなかった。

偶然は必然だと私は思っています。

そして、こういう縁が起こるときはきまって運がいいのです。

私の中でひとつ案が浮かびました。

ふふふ・・・一緒に楽しいことやれたらいいな。

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

若い力が集結。ゲストハウス雪結yuyu

なんか楽しいことがたくさん待ち受けてそうな2017年。

そのひとつの出会いがここ、雪結yuyuさんです。
http://yuyu-gh.com/

昨年8月にオープンしたゲストハウスで、スタッフほとんどが20代という若い力が集まってできたゲストハウスです。

スタッフの方と、2017年に向けて企画考え中です。ふふふ。

ディスプレイされたお花は、札幌白石区にあるPEKOROさん。
http://yuyu-gh.com/

昆布をイメージした植物で飾ってくれました。
こことの出会いはまた後日ご紹介。

縁がつながると、運が良い兆しです。

さぁやるぞー!

もらってうれしいおしゃれな昆布のナナクラ昆布です。
http://nanakura-kombu.com