見た目も使い方もおしゃれな極細こんぶの使い方

ズッキーニ、夏野菜ですね〜。
今回の味付けは、マヨネーズ!そこにペッパーの代わりにミルに入れた極細こんぶをゴリゴリ・・・

塩胡椒ほどではないですが、塩気もアクセントもほんのりついて美味しいです。

昆布もなんだかおしゃれに見えますよね☆

おしゃれなひとはだしをとるナナクラ昆布です。
http://nanakura-kombu.com

日高昆布のおいしさが発揮されるのはこれ!

やっぱり煮物!です。

日高みついし昆布の美味しさを発揮する食べ方は、これだと思ってます。

等級の低い早煮昆布ではなく、一等、二等級のものは食べ応えがあり思わず「美味しい!」とこぼれます。

昆布巻きにしなくても、ちょうどよい大きさにカットしてそのまま鍋に入れて煮込むだけ。

ぜひたくさんの人に食べてほしい。

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

めっちゃ好きなやつなんです。

極細こんぶ、ポン酢に漬ける食べ方に次いでとってもおすすめなのがこれ!

生春巻き!

リーフ類(もちろんパクチーもりもりで!)に、ごま油とナンプラー、そして極細こんぶを振りかけてわさわさしておきます。

しばらくすると、昆布がしんなり。

これを生春巻きの皮で包んで完成です^^

今回はエビを入れました。

好きすぎて、作ると3日連続で食卓にあがります。

ぜひ試してほしい一品です!

朝はおにぎり派

おにぎりって楽ですよね。おかずを作らなくても、たくさん具を入れて握ればおかず兼ごはん。。。って思ってるのは私だけ?

子どもも良く食べるので、朝はすっかりおにぎり派です。

今回は梅とカツオとそして極細こんぶ。

なんでこんなに相性いいんでしょうねお三方。

おしゃれなひとはだしをとる
http://nanakura-kombu.com

ラザニア作りました^^

先日のkotaki先生のお料理教室で作ったラザニアを再現しました。
kotaki先生のお料理教室はこちらからhttp://chibijam.com/

先生とまったく同じおいしさではないと思うけど、レシピ通りに作ったら…

なにこれおいしい!!!!

なんとケチャップやコンソメなどの調味料使ってません。

でもこんなにもコクがありおいしい。そして日高昆布がこんなにも合うなんて。

kotaki先生のレッスンメニューなので、ここで詳しく公開するわけにはいかないのが残念。

ラザニアソース、冷凍もできるのでストックしておくと急なお客様にも対応できていいですね♪

おしゃれなひとはだしをとる
http://nanakura-kombu.com

極細こんぶで漬けマグロ

極細こんぶを甘じょっぱくコトコト弱火で30分くらい煮込んで漬け汁を作りました。タッパに作った漬け汁を入れ、マグロを投入!さらに煮た極細こんぶで蓋をするように乗せて冷蔵庫で一晩。

盛り付けはわさびも添えて。

おしゃれなひとはだしをとる
ナナクラ昆布
http://nanakura-kombu.com

cooking class kotakiさんで昆布教室してきました。

cooking class kotakiさん、以前もご紹介しましたがこちらで日高こんぶ教室を開催させていただきました。

kotaki先生のお料理教室は、現代の手抜きでいかにおいしく料理を作るかという主流の中、お料理は手間と時間がかかるものという前提の内容のレッスンです。

私は前回レッスンを受けてお料理の見方が変わりました!

そんなウソ偽りのない中での昆布講座、参加者の方も舌の肥えた方たちばかり。

とても緊張しました。。。

この日は日高昆布を使ったラザニア。

内容を少し紹介。

トマトソースと日高昆布。これは乾燥したまま入れて、この状態まで柔らかくしています。

器に盛って、さらにミートソースとチーズを乗せてオーブンへ。

昆布のコクがチーズとミートとよく合うんですね。

ミートソースも作り方にひと工夫あり。でもこれはきちんとお金を払って聞いてくださいね^^;

kotaki先生のレッスンはこちらから
http://chibijam.com/

おしゃれなひとはだしをとる
http://nanakura-kombu.com

極細こんぶとたらこの相性抜群パスタ

美味しいたらこが手に入ったのでたらこパスタにしました

味付けはシンプルにバターとたらこと極細こんぶだけ。ボウルにバターを溶かし、茹で上がったパスタを入れて絡めます。その後、極細こんぶとたらこを適量入れてさらに混ぜたら完成です。

パスタを茹でるときには贅沢に鍋になみなみの昆布だしで茹でました。
このおけげで、よりパスタとたらこの味が絡み合います。

私はお好みでレモンをひと絞り。

これだけですが、充分深みのある味わいに仕上がります。

おしゃれなひとはだしをとる
ナナクラ昆布です。
nanakura-kombu.com

小樽hokkaiyaさんで発見。無添加梅ドレッシング。

我が家はドレッシングはだいたい手作りです。先日、小樽にあるhokkaiyaさんに行ってきました。
https://m.facebook.com/hokkaiya/?locale2=ja_JP

可愛い作家作品から、良質な食品まで販売しています。

そこで見つけたのが完全無添加の梅干し。無添加で原材料は塩を梅だけなのに、塩辛さはそんなになく、まろやかな味です。
そんな梅が手に入ったので、今回は梅ドレッシングを。

梅を細かくたたき練り梅状にしたものに、昆布と鰹の合わせだしと出し殻の鰹、極細こんぶ、そこにオリーブオイルとお好みで砂糖で味を調整して完成です。

ドレッシング以外にも、これをお肉に揉み込んだり焼き魚に合わせてもおいしいですよ^^

おしゃれなひとはだしをとるナナクラ昆布です。
nanakura-kombu.com

 

 

brasserie coron×ナナクラ昆布

coronさんでは2月中ナナクラ昆布とコラボしたメニューを展開していただいています。

パン屋さんに続き、レストラン店舗のご紹介です。

丸井今井札幌店大通館3Fに構えるbrasserie coronさんでは、ランチアミューズとしてナナクラ昆布を使った前菜を堪能できます!

上から順に、

◎昆布パイ
◎冬野菜と昆布のクリーム
◎若鶏のポシェ 昆布オイル
さらに、
◎昆布バゲット(coron本店さんでも発売中)

こんなにも日高昆布特有の味を引き出し、かつ美味しい料理は食べたことありません。

さらに、若鶏のポシェの器の中にはお口直しの出汁が入っています。

鶏出汁と、日高昆布の磯の香りが絶妙にマッチしており、口に含んだ瞬間になんだか地元の風景を思い出しました。

2月22日には塚田シェフとのトークセッション。こちらも乞うご期待です。
(後ほど詳細アップです^^)

おしゃれなひとはだしをとるナナクラ昆布です。
http://nanakura-kombu.com