極細こんぶとたらこの相性抜群パスタ

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

美味しいたらこが手に入ったのでたらこパスタにしました

味付けはシンプルにバターとたらこと極細こんぶだけ。ボウルにバターを溶かし、茹で上がったパスタを入れて絡めます。その後、極細こんぶとたらこを適量入れてさらに混ぜたら完成です。

パスタを茹でるときには贅沢に鍋になみなみの昆布だしで茹でました。
このおけげで、よりパスタとたらこの味が絡み合います。

私はお好みでレモンをひと絞り。

これだけですが、充分深みのある味わいに仕上がります。

おしゃれなひとはだしをとる
ナナクラ昆布です。
nanakura-kombu.com

小樽hokkaiyaさんで発見。無添加梅ドレッシング。

我が家はドレッシングはだいたい手作りです。先日、小樽にあるhokkaiyaさんに行ってきました。
https://m.facebook.com/hokkaiya/?locale2=ja_JP

可愛い作家作品から、良質な食品まで販売しています。

そこで見つけたのが完全無添加の梅干し。無添加で原材料は塩を梅だけなのに、塩辛さはそんなになく、まろやかな味です。
そんな梅が手に入ったので、今回は梅ドレッシングを。

梅を細かくたたき練り梅状にしたものに、昆布と鰹の合わせだしと出し殻の鰹、極細こんぶ、そこにオリーブオイルとお好みで砂糖で味を調整して完成です。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

ドレッシング以外にも、これをお肉に揉み込んだり焼き魚に合わせてもおいしいですよ^^

おしゃれなひとはだしをとるナナクラ昆布です。
nanakura-kombu.com

 

 

brasserie coron×ナナクラ昆布

coronさんでは2月中ナナクラ昆布とコラボしたメニューを展開していただいています。

パン屋さんに続き、レストラン店舗のご紹介です。

丸井今井札幌店大通館3Fに構えるbrasserie coronさんでは、ランチアミューズとしてナナクラ昆布を使った前菜を堪能できます!

上から順に、

◎昆布パイ
◎冬野菜と昆布のクリーム
◎若鶏のポシェ 昆布オイル
さらに、
◎昆布バゲット(coron本店さんでも発売中)

こんなにも日高昆布特有の味を引き出し、かつ美味しい料理は食べたことありません。

さらに、若鶏のポシェの器の中にはお口直しの出汁が入っています。

鶏出汁と、日高昆布の磯の香りが絶妙にマッチしており、口に含んだ瞬間になんだか地元の風景を思い出しました。

2月22日には塚田シェフとのトークセッション。こちらも乞うご期待です。
(後ほど詳細アップです^^)

おしゃれなひとはだしをとるナナクラ昆布です。
http://nanakura-kombu.com

boulangerie coron×ナナクラ昆布

2月中、(と言ってももう半ばを過ぎてしまいました…)札幌だけでなく今や北海道を代表するcoronさん全店で、ナナクラ昆布とコラボしたパンやお料理を提供していただいております。

まずはパン屋さんのboulangerie coronさん。

当初、突然バスセンター付近に1号店をオープンしてから、あっという間に赤れんがテラス店と丸井今井札幌店にもお店を構えていますね。

パン屋さんのほうでは、「昆布のバケット」

と、「極細こんぶのキッシュ」

この2種が店頭に並んでいます。

2店舗どこでも購入可能ですよ^^

バケットは、しっかり昆布の風味がついているのが特徴です。
トースターで焼くと、さらに昆布の味が引き立ちます。

たまに昆布を入れたパン見かけますが、ここまで昆布の味を引き立たせているパンは初めてです。

キッシュは、昆布との相性が良い鱈のキッシュです。
昆布が鱈の味を引き立てています。

2月ももうわずか・・・ぜひcoronへ!

おしゃれなひとはだしをとる
ナナクラ昆布です。

http://nanakura-kombu.com

おおぞら三昧 しじみ醤油

おおぞら三昧さんから「しじ美醤油」をいただきました。

昆布と同じく海の恵みの食材とのコラボです^^

根昆布でしっかり出汁をとったら、そこにしじみエキスたっぷりのしじ美醤油を回しいれるだけでコクのあるスープになります。

寒い今日は、そうめんでスープ麺を作りました!

溶き卵を流しいれ、仕上げにパクチーで香りと色付けを。
そして仕上げにもちろん極細昆布を追加です。

お酒浸りの体に気持ちよく染みわたっていきます…

もらってうれしいおしゃれなこんぶはこちらから

ナナクラ昆布です。http://nanakura-kobu.com

サラダにもおすすめ極細こんぶ

極細こんぶの使い方ばかりですが、それくらい極細こんぶは使い勝手いいのです^^

最近私がどはまりしている食べ方はこちら

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

サラダに混ぜた使い方!

我が家、基本的に市販のドレッシングは使いません。
お酢や塩コショウ、などなどで試行錯誤して味付けをしています。

今回はお酢と塩とレモンで味付けしています。

ボウルにリーフ類を入れ、調味料と昆布を「乾燥したまま!」入れます。
いつもしつこいですが、ぜひ乾燥したまま使ってください^^

あとはさっくり混ぜて少しおくだけ。

先に作っておいておけば、食べるころには昆布がしんなりほんのり昆布の味も出ておいしい一品に仕上がりますよ~~~^^

でも一番のおすすめはリーフとエビを組み合わせて、ナンプラーとごま油で味付けを。
それを生春巻きにするのが一番好きで3日連続で食べてました。

ぜひぜひお試しください!

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

cafe Chise minamina 限定メニュー

お取り扱い店舗のひとつ、cafe chise minaminaさんでは、

今月ナナクラ昆布を使って限定メニューを出していただいています。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

極細よりも太い刻みこんぶをパスタと一緒に茹でて和風ベースに仕上げてくれました^^

黒千石ともコラボしています。

太麺もちもちパスタは昆布の歯ごたえも合わせて食べごたえ抜群。

今回も元気をもらっておなかも心も満たされました♡

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-komb.com

ポリポリ香ばしい昆布がチーズとぴったり

極細こんぶを今回はこれに使用しました!

画像に含まれている可能性があるもの:ピザ、食べ物

ラザニアです。

極細こんぶをぱらぱら乗せてからオーブンへ。

香ばしくなった極細こんぶはやはりチーズに良く合う・・・♡

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-komb.com

お料理教室「cooking class kotaki」

円山にあるお料理教室「cooking class kotaki」さんでは、ナナクラ昆布を使用したお料理メニューを出していただいています。

今月は「ユリ根のすり流し」

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

トッピングにナナクラ昆布を添えてます。

そのほか、2017年はナナクラ昆布をたくさん使用していただけるそうです^^

4月にはコラボ開催の日高昆布講座も開催する予定です。

詳細は後日・・・

料理教室についての詳しい情報はこちらから
http://chibijam.com/cookingclasskotaki.html

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

特別な日にもう一品

以前にも紹介したことある鳥ハムの昆布締め。

なかなか好評なのでもう一度掲載します^^

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

少し豪華に見えるこの一品、ちょっとしたパーティーにいかがでしょうか??

まず鳥ハムを1枚に対してギフトセットのだしこんぶを2枚用意します。

鳥ハムにフォークでざくざく穴をあけ、お好みの調味料を刷り込みます。
(私はいつも手抜きなクレイジーソルトです^^;)

それをジップロックに入れ、だしこんぶを上と下に入れて鳥ハムを挟みます。

さらに料理酒を全体的に濡れるくらい少し入れて一晩おきます。

置いたものをジップロックから取り出し、まずはこんぶを剥がして鳥ハムだけを
ラップの上で棒状になんとなく形作ります。

そこに2枚先ほどのこんぶを乗せて、一緒にラップで巻いて両端をぎゅうぎゅうにきつく巻きます。

鍋にお湯を沸かし、沸騰してから火を止めます。

そっと巻いた鳥ハムを入れて再度沸騰させ、すぐに火を止めます。

それからふたをして2時間。絶対ふたを開けないでくださいね!

2時間後、取り出して出来上がり・・・ではなく冷蔵庫でしっかり冷やして出来がりです^^

ラップを外し、1センチくらいの幅で切り分け、間にレモンを挟むと風味がさわやかに。

手間そうに見えて、やってみると意外とかんたん!

昆布がこんなおしゃれに~?!とみなさん驚いてくれます。

ぜひお試しあれ!

もらってうれしいおしゃれな昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com