起業きっかけストーリー第一章 第六話

起業きっかけストーリー第一章 思い立ってから起業まで

第六話 未熟者のまま次のステージへ。

印刷の知識もだんだん備わり、印刷屋の営業マンとしても板についてきたころ、それは突然やってきた。

倒産・・・ではなくある女が上司として入社してきたのだ。

まだ20代だったが、すごく仕事のできる人ではあった。今思えば、彼女の言っていたことわかる部分もあるし、彼女なりの苦労や思いやり、私の知らないところでもしかしたらなにか色々やってくれた部分があったのかもしれないし、真似すべきところはごまんとあったはずだ。それでも彼女の営業スタイルや仕事への価値観がどうしても受けつけなかったのだ。あれからもう何年もたっているので、丸くなっていることを願いたい。

そもそもなぜそんな人がやってきたのか?以前のブログでもつづったが、やはり社長自身が新入社員である私たちを扱えきれず、その彼女にまかせようという魂胆だった。

もちろんまったく関係のない業種からひっぱってきたので印刷の知識はない。いくら仕事ができても、そんな人に仕事を教わるわけにもいかないという私のプライドが、より一層彼女との仲を険悪にしていった。

当時不器用だった私は、表面だけでもへらへらして相手に言われたことを聞いているふりして流すということができなかった。

なのでいつも私は彼女にマークされ、ことあるごとに衝突していた。

印刷の仕事も好きだし、この会社も好きだ。辞めたくない、、、が、彼女がいる限りもう無理だ。辞めよう・・・。

藁にもすがる気持ちで、そのままの気持ちを社長に告白した。なにか変わるかもしれない、辞めたいと伝えたとはいえ、なにか変わるかもしれないと淡い期待を持っていた私に返ってきた返事はこうだ。

「うん、俺も正直もう二人(新入社員の私たち2人)雇うのきついと思ってたんだ。それに、あいつ(例の彼女)とも無理でしょ?」

会社や組織、現実はそんなに私に味方じゃないと痛感した瞬間だった。
でもそういわれたらもう晴れやかに辞めてやる。

このとき、私はなんだか燃え尽き症候群になっていた。昆布で起業することも、なんだかもうどうでもいい。次の仕事はどうしようという不安はあったが、もう絶対印刷屋にはならないと強く誓い、あっという間に会社を去った。

退職してからは、一度も社長及び彼女とは接触していない。

社会人になって2年と少し。社会人としてなにも育ってないまま次のステージへ意図することなく向かうことになってしまった。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です