起業きっかけストーリー第一章 第三話

第一章 思い立ってから起業まで

第三話 就職活動

大学3年生、ほとんどの学生がこの時期に就職活動なるものを開始して4年生の夏ごろか遅くても秋ころには内定をもらっているという流れだ。

ここで思わぬ壁に直面した。

就職活動を一緒にする仲間がいないのである。

だがそれも当然、教育大学は学校の先生になるための大学。私の周りはみな教員採用試験に向けて勉強を開始していた。

今思うと就職活動はなんてことないのだが、当時の大学生の私にとってはまったくの未知の世界で、エントリーシートと履歴書の違いや企業説明会の意味すらわかっておらずとても困惑していた。いやバカすぎた・・・
他にも教員以外の進路を希望する友人や先輩もいたが、みな公務員志望だったのでとにかく相談する人もおらずまた孤独感を感じずにはいられない毎日だった。

でも私の頭の中ではどの業種に就職するかだけは決まっていた。

①広告業界(業種問わずいろいろな人脈を持てそう。自分のブランドを立ち上げるためにいろいろなデザインに触れて勉強できそう。)
②絶対営業職につく(社長になるための近道は営業だ!)

この二つである。
(結果、印刷会社に就職したわけだが、広告代理店と印刷業の違いがわからなかったのだ)

就活生ならおなじみのマ○ナビを毎日食い入るように見ていたある日、こんな募集要項が目にとまった。

そこは小さな田舎の印刷会社で、

・初めての新卒採用!
・札幌オフィス新設のために新卒採用します

というものだった。

またもや私の「これだ!」という直感が働き、(しかも筆記試験なし!)迷わず応募。

なぜここが気になったかというと、初めての新卒採用=明確なルールが決められていないはず=自由に営業活動できるはず=自分の好きな人脈が作れる!

この理由が一番の志望動機だった。

1次面接、2次面接、最終面接くらいやっただろうか。

その間、私の本気度を見せるためにそこ以外一切応募はせず、面接の際にも
「私ここしか受けてないんです!」

と、やる気を存分に見せたおかげか、この子大丈夫かといった仏心か、無事内定をもらうことができた。

残りの大学生活は、なんとな~く過ごし、ついに社会人となるのである。

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です