起業きっかけストーリー第一章 第二話

第一章 思い立ってから起業まで

第二話 きっかけの一言

毎日がつまらなく、欝々とした大学生活を送っていたある日、

こんな言葉が飛び込んだ。

どこからどうやってその話になってしまったのかはもう忘れてしまったが

今はナナクラ昆布の誕生秘話にはかかせない祖父のこの一言

「体が動かなくなったら商売を辞める」

この言葉を聞いた時に、

別に誰からなにを言われたわけでもないが勝手に

昆布を後世につなげたい、木村七蔵商店の名前を残すために新しい昆布を作ろう!

と使命感に燃えたのであった。

母に、「私が昆布を継ぐ。継げなくて形が変わったとしても、名前を残したい」と伝えたところ、何を馬鹿なことを言っているのかと一笑されたが、とりあえず聞こえないふりをした。

やっと目の前が明るくなり、自分の行くべき道筋が目の前に現れたような気がした。

目標は30歳までに起業だ!そう決めたときはまだ大学3年生半ばの21歳。そのときは30歳までは本当に遠い未来に感じていた。

就職活動の時期だった。

つづく

 

【わいんなひととき】奥尻ワイナリー×アゴーラ×ナナクラ昆布

先日もご案内した、「わいんなひととき」に参戦してまいりました!

冒頭では少しお話しもさせていただき・・・

image

お席はこんな感じ^^

image

うう~ん、これからワインと素敵なお料理が出てくるかとおもうとワクワクです!

奥尻ワイナリーもずらり。

image

奥尻ワイナリーは、ロゼ2種類と白・赤が用意されていました。噂のとおり、特にロゼはなんだか後味に塩気があるような・・・

白と赤は渋みが効いておりました。

さて、お待ちかねのナナクラ昆布を使った料理はこちら!

image

しらすとかぶ、ナナクラ昆布のクリームソース、フィットチーネ。
フィットチーネは望月製麺さんとコラボ。

しらすの塩気が、昆布のうまみでまろやかになっているのを感じる一品です。

それがクリームソースと麺とよく絡み、とってもおいしかったです^^

物販も大盛況でした!

image

このような機会をいただきまして、関係者のみなさま、本当にありがとうございました!

おしゃれな昆布のナナクラ昆布はこちらから。

http://nanakura-kombu.com

昆布講座in北広島、やってきました^^

先日ブログでも紹介した、昆布講座in北広島、無事終わりました~~!

試食もたくさん用意していき、みなさま美味しい!と好評でした!

内容としましては、

・簡単な昆布の歴史、由来など
・日高昆布の特徴
・日高昆布の漁について
・昆布の等級
・日高昆布の活用法

のような当たり障りのない感じで・・・^^;

練習したのもあり、あまり緊張しませんでしたが

もっと勉強して、みなさまにへぇ~~~!と言ってもらえるような内容にレベルアップします!

そんなナナクラ昆布はこちらから^^
http://nanakura-kombu.com

昆布講座in北広島のご案内です

ママ友からのご紹介で、北広島で昆布講座を開催することになりました^^

「出汁によし食べるによしの万能昆布~日高みついし昆布を食卓に」

おしゃれな人は昆布を食べる

日時:5月22日(日)14:00~15:15
場所:北広島団地地域交流センター「ふれて」  北広島市白樺町1丁目8−2

入場無料でどなたでも入れます^^キッズスペースもあるみたいですよ!

試食もたくさん用意していきまーす!

ナナクラ昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

 

起業きっかけストーリー 第一章 第一話

前回の記事 プロローグ

 

第一章 思い立ってから起業まで

第一話 大学生活

大学生だった当時、私は常に欝々としていた。
目標がまったくなかったからだ。

進学した先は教育大学岩見沢校。それだけ聞くと、少しだけ優秀に聞こえるかもしれないが、とにかく進学の動機が不純すぎるのであった。

小学生から高校までひたすら部活動の剣道に打ち込んだせいで、
私は剣道に対してすっかり燃え尽き症候群になっていた。

高校まで剣道を続けた人は、大体は剣道部の環境が整った大学へ進学することが多い。
それはさらに強くなるためや、はたまた好きだから続けたいなど様々である。

が、私はもう二度と剣道はごめんだということで、当時剣道部としては無名だった
教育大学岩見沢校への進学を希望した。(学科が変わった現在は道内外から強者が入学してくる強豪校だ)

教員になりたいわけでもなく「剣道をやめたい!」この一心で教育大学を希望したのである。

教員になるための学校なのに、(当時は教員養成課程が主でした)教員志望でもなく、
かと言ってこの大学に他の希望も目標もなくただなんとなく入学した結果、
当然私の心にはぽっかり穴が開いてしまった。

剣道の他に美術が好きだったため美術専攻をし、そこでの専門の授業が楽しかったのと、
良い友達に巡り合えたのが幸いであった。

しかし、高校までの輝きは確実に失い、ただただ剣道を辞めてしまったことへの後悔を背負った大学生活。楽しいことや大学生ならではの刺激もたくさんあったが、それでも私の心は満たされず、

「自分が存在する意味」や
「生きる糧」

を、毎日探していたのだった。

親の金で大学に入ったにも関わらず、なんて親不孝なやつだと我ながら思う。

そんな欝々とした大学生活だった私に、希望の光が差し込んだ。

 

 

 

つづく

そんなこんなで立ち上がったナナクラ昆布はこちらから
http://nanakura-kombu.com

 

 

 

起業きっかけストーリー プロローグ

プロローグ

ナナクラ昆布はもうみなさんご存知の通り、2代目昆布漁師だった私の祖父が「自分の体が動かなくなったら昆布の商売をやめる」と言ったのをきっかけに立ち上がりました。

しかし、思い立ってすぐに立ち上がったわけではありません。
その時の私はまだ22.3そこそこの大学生。

田舎者&世間知らずだった私。そんな小娘に起業なんてできるわけありません。

とりあえず、30歳までに起業しよう!という目標をたて、29歳になる2015年4月に、
目標の年齢まであとわずか1年のぎりぎりセーフで起業に至りました。

起業してからがスタート、本番ですので、(起業そのものは言ってしまえば紙一枚提出するだけでだれでもできますので・・・)起業からわずか1年しか経っていないこんなペーペーが語るのはまだ早いとわかってはおりますが、10年近く構想を温めて温めてやっと起業したということについては私にとって、とても感慨深いことなのです。

当時20歳そこそこの私が立てた目標の中を今走っている私。

やりたい!と思い立ってから、起業に至るまで、さらには1年経ってみてのことをちょくちょく語っていこうかなと思います。

http://nanakura-kombu.com

「和飲(わいん)な人時間(ひととき)」に登場します

インターリンクジャパン様が主催の「和飲な人時間(わいんなひととき)」に

ナナクラ昆布の人気商品、極細こんぶが登場します^^

「わいんなひととき」は、月一回、月替わりでワインの特集を決め、それに沿ったお料理やお話しを楽しむというなんとも優雅な大人のイベントです。

お申し込み・詳細はこちら→http://www.interlinkjapan.net/event.html

今月は奥尻ワイナリー特集!

最新銘柄から記念ボトルなど5種の銘柄が登場するようです。

奥尻の海の恵みと日高の海の恵みのコラボレーション。

場所はクロスホテル札幌3Fのagora。

本格イタリアンで使用してもらうのは初めてです^^一体どんなお料理に変身するのか?

当日は物販も行います。

ぜひみなさま足を運んでくださいませ~~~

おしゃれなこんぶはこちらから
http://nanakura-kombu.com

 

 

 

 

 

第一回昆布講座を開催しました^^

以前からやりたかった「昆布講座」を開催してきました。

ナナクラ昆布のキーワードは「おしゃれなひとは出汁をとる」^^

そんなんでこんな素敵なママさんたちが集まってくれましたよ!

昆布といっても、その中でも日高昆布に特化した内容でお話しさせて

いただきましたよ♪

場所はmym.starのhanaさん宅^^

一点、最大のミス・・・

良い昆布と悪い昆布の見分け方をお話ししたにも関わらず

昆布忘れてきてしまった・・・!

何とか言葉だけでお伝えしましたが、それじゃ伝わらないよね・・・

というのもあり、初めての昆布講座はうーーーん、50点?

参加してくれたみなさまが「へぇ~~~!」と深く聞いてくれていたので

なんとか終わらせることができました!

今回の反省をもとに、さらにパワーアップして昆布講座第2回をまた開催したいです!

さてさて、昆布講座のあとはこのブログ内でもおなじみのtocoさんお手製の昆布ランチ!

昆布パスタに、

ポン酢昆布のサラダに、

根昆布と手羽元の煮込み

どれもこれも昆布料理とは思えないおしゃれなランチ☆

さぁ、また昆布講座第二回開催に向けて勉強しまーす!

「おしゃれなひとはだしをとる」のナナクラ昆布

 

 

昆布の力

こんにちは〜(^^

ゴールデンウィークもいよいよ終盤にさしかかりました。

この土日は家でゆっくりという方も多いのでは?

さてさて、家でゆっくりというそんな方、コーヒーではなくたまには昆布茶でホッと一息いかがでしょう?

image

極細こんぶをカップにひとつまみ入れて、お湯を注いで軽く混ぜたら出来上がり!・・・ではなく、お塩をひとつまみ弱足しましょう(^^

このお塩がポイントです。

昆布のうまみの正体はグルタミン酸という成分です。このグルタミン酸、昆布だけではそのおいしさを発揮できないんですね。

昆布のみの昆布だしや、今話題の昆布水も、それだけ飲むのは正直美味しくないのです(^^;;

昆布だしに、塩気や、他の食材が加わることによって、このグルタミン酸は力を発揮します。

今回紹介した昆布茶を例にすると、昆布とお湯だけではまさに昆布味のお湯、、、逆にお湯に塩を入れただけではただの塩っ辛いお湯。。。

双方がそろって初めて美味しくなります。

昆布(グルタミン酸)がお塩の塩っ辛さをマイルドに変えてくれるんですね〜不思議!

試しに、塩味のお湯を飲んでから、そこに極細こんぶを入れてかき混ぜてまた飲んでみてください。

昆布の力を感じます^o^

http://nanakura-kombu.com

 

 

 

ゴールデンウィークの営業について

誠に勝手ではございますが、ゴールデンウィーク期間中、6日の平日も含め5日から8日までおやすみをいただきます。

お電話は対応できませんのでご了承ください。

9日から通常営業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

縺薙s縺オ繧・_D4A0195繧ッ繝ェ


http://nanakura-kombu.com