昆布だしの味感じてますか?

みなさん、昆布だしをとったときのお料理の変化や

昆布だしをいれたことによる味の効果ってわかりますか??

昆布を使うと、なんだかいつもの料理よりおいし~~~いとは感じるけど、

昆布だしが効いてる!と、

ダイレクトに昆布を感じていますか?

昆布を食べたり昆布出汁しか入ってないものは別として。

私も、結婚して頻繁に自炊をするようになってから

「昆布だしが効いている」

と感じられるようになってきました。

つまりだんだんと舌が肥えてきたんだなぁと。

これってとても重要なことだなと最近思っているのです。

だしの「うまみ」を感じられるのはほぼ日本人だけみたいですね。

繊細な人種なんですね。

でもそれが感じられないとしたら・・・

それってとてもまずいことなんじゃ・・・?

そして思うのが、今話題の「食育」です。

そう、こどものうちから舌を肥えさせる「訓練」が必要なんです。

美味しい贅沢なものをたくさん食べさせるという意味の肥えさせるではなく、

うまみを感じさせる訓練が必要だと思います。

つまみ感覚を磨くんですね。

すべてのことはつながっていて、

舌が肥えて感覚が鋭くなると、相乗効果で音や目に見えるもの、

触るものの感覚も鋭くなってくると思うんです。

また、コミュニケーション。

相手との空気の感覚。

ちょっとした変化にきづく、これって社会を生き抜く中で

必要なスキルでしょ?

きっとこういうことにつながっていくんじゃないかなぁと感じています。

食育って、おいしい安全なものを食べさせることだけではないですよね。

食育の先に何があるのか?なぜ食育をするのか?

そんなところまで考えていきたいですね。

ママさん世代は子どもにもちろんのこと、

大人だって今からでも遅くない。

昆布だしで感覚を磨く訓練をしましょ^^

http://www.nanakura-kombu.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です